親のボケ防止サプリメント

親がボケてきたのでは??

 

最近、親がボケてきたのでは、ひょっとしたら認知症なのかも・・・

 

高齢者の認知症が問題になるようになってきて、親のボケを心配されているご家族が増えてきています。

 

 

「親のボケが心配」といっても、本当にそれが認知症なのかどうかもよくわからないですよね。

 

そもそもボケと認知症はどう違うのか、ということもはっきりわかっていない方も多いようです。

 

 

まずボケですが、今はあまりボケという言葉は使わなくなりましたが、ボケには加齢による物忘れから脳が委縮してしまう病気の認知症まで、広範囲の意味があります。

 

ですから、親のボケと言っても、加齢の問題なのか病気なのか、どちらなのかは分からないことになります。

 

それに対して、認知症は脳の萎縮による病気なので治療が必要になります。

 

 

ちなみに、物忘れは本人の自覚があり、認知症になると本人が忘れていることの自覚もなくなります。

 

 

親のボケを防止するには?

 

親のボケは、その原因が加齢であれ脳の萎縮であれ、何も防止策をしなければボケはどんどん進行していきます。

 

認知症の中でも一番多いアルツハイマー型認知症の治療薬でも、進行を遅らせるのみで症状を改善する効果まではありません。

 

ですから、早めに親のボケ防止対策をしなくては、一旦進んでしまうと元には戻らないし、一気にボケが加速してしまうこともあります。

 

 

ボケが進んでしまうと、寝たきり、徘徊といった問題や、介護の負担も出てきてしまいます。

 

 

そのためにも、「最近親がボケてきたのでは??」気づいた時点で、早めの防止策をとるようにしましょう。

 

 

親のボケを防止する対策ですが、一般的には食事や運動、または脳トレなどのゲームで頭を使うこと、趣味などをする、人との交流を増やすなどの防止策があるといわれています。

 

しかし、これらのボケ防止策は個人差がありできる人とできない人がいます。また性格なども関係してくるので誰もが簡単にできるわけでもありません。

 

 

そこで、親のボケ防止に役立つのがサプリメントです。

 

 

親世代の高齢者にとって、サプリメントは最も手軽にできるボケ防止対策になります。

 

健康のためにサプリメントを飲んでいる親世代の人は多く、もし既に何かのサプリメントや血圧などの薬を飲んでいる親なら、ボケ防止に役立つサプリメントを追加することにほとんど抵抗感はありません。

 

 

脳トレや運動はボケ防止にも役立ちますが、ずっと継続することはなかなかできません。

 

その点、ボケ防止のサプリメントであれば、飲むだけなので簡単に継続できます。少しの間だけ飲むというものではなく、継続して飲まなければ予防にはなりませんから、継続しやすいということは非常に大事なことになります。

 

 

親のボケ防止サプリメントでおすすめは

 

ボケ防止サプリメントには、一般的に脳の老化防止にも効果があるといわれているDHA&EPAサプリメントか、認知症予防に効果があると言われている成分が含まれているボケ防止を目的としたサプリメントがあります。

 

 

サプリメント別のメリット・デメリット

 

DHA&EPAサプリメント

  • 一般的に知られている成分で抵抗感がない
  • 血液サラサラなどの効果もある
  • 種類も多く比較的安い
  • ボケ防止に特化した効果ではない

 

ボケ防止サプリメント

  • ボケ防止に特化した成分を含んでいる
  • 種類が少なく比較的高い
  • ボケ防止用なので親が抵抗感がある場合も

 

どちらのタイプのボケ防止サプリメントを選ぶかは、親がどの程度ボケているのか、その症状と心配な度合い、またボケ防止サプリメントを飲むことに抵抗感があるかなどを基準にして選ばれるといいかと思います。

 

では、それぞれでおすすめのサプリメントを紹介しますね。

 

 

きなり

 

 

よく知られている大手メーカーのDHAサプリメントと比較してもDHAの含有量が多く、1日に必要なDHA摂取量がしっかり含まれていて、しかも吸収率が高くなる成分も配合されているサプリメントです。

 

一般的なDHA&EPAサプリメントのように魚臭くなく、血液サラサラ目的で飲まれている方も多く、46万個の販売実績があり、通販のDHA&EPAサプリメントの中では非常に人気があります。

 

DHA&EPAサプリメントなので、ボケということに抵抗感のある親にも飲ませやすいサプリメントです。お試しで安くから始められ、返金保証もあります。


 

プラズマローゲンEX

 

 

TBSの「夢の扉」という番組でも紹介され、認知症予防の成分として多くのメディアでもとりあげられているボケ防止の成分として最も注目されているプラズマローゲンを配合したサプリメントです。

 

プラズマローゲンは、脳の機能に重要な役割を果たしているリン脂質の一種ですが、加齢やストレスで年々減っていってしまいます。プラズマローゲンが減少してしまうことで、認知機能の低下が進んでしまうといわれています。プラズマローゲンは、ホタテ貝や鶏ムネ肉に含まれる成分ですが、非常に壊れやすいためサプリメントでなければ、摂取することがなかなかできません。

 

DHA&EPAに比べると少し高いですが、親のボケがかなり心配になってきた方は、ボケ防止効果はこちらの方が期待できます。返金保証もあります。


 

軽度認知障害(MCI)の段階で早めの防止策を

 

軽度認知障害は健常者と認知症になる境の状態で認知症になる可能性の高い状態です。

 

軽度認知障害かもと疑いがある時点で、早めのボケ防止策をして、将来認知症にならないようにしましょう。

 

 

軽度認知障害の基準

 

  • 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
  • 日常生活動作は正常
  • 全般的認知機能は正常
  • 年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
  • 認知症ではない

 

日常的な生活では次のようなチェックの仕方もあります。

 

  • 何度も同じ話をする
  • 水が出っぱなし
  • 同じ商品を買っていた
  • 「あれ」「これ」で話す
  • 外出が減った
  • 服装などに無頓着
  • 趣味が楽しめない
  • 家電操作にまごつく
  • 小銭を使わなくなった
  • 日付が出てこない

 

 

アルツハイマー型認知症

 

認知症の中でも最も多いタイプです。簡易的な検査や画像診断で確定します。現在の治療薬では、進行を遅らせるだけの効果しかないのが現状です。

 

脳にアミロイドβやタウといったタンパクが蓄積されることで、神経細胞が破壊されていき、神経を上手く伝えることができなくなってしまいます。それに伴い脳の萎縮が進み、記憶障害、判断力低下が起こり、症状が進むと徘徊などの周辺症状も起きてきます。